Salaのプロフィール

 1962年名古屋生まれ。子供の頃から胃腸が弱く、虚弱体質で10代後半の頃にすでに肩こり、腰痛、膝の痛みなどが老人のような体調で、夏の朝礼で倒れる生徒として暑い日の朝礼時は保健室で待機させられる強弱体質。

 高校卒業後、一時は看護婦になることも考えたがむき出しになった傷口や血のにおいに対する強い拒否反応から無理だと悟る。その代わり(?)に医療 秘書学院で解剖生理学や医療事務などを2年間学び、整形外科に2年間と内科老人専門病院に4年間勤務。

1985年に海外へ。以来オーストラリアを生活の拠点として中近東、アジアなどの国々を旅して見解を広げる。仏教、密教、陰陽道などを独学。喫煙、飲酒、ジャンクフード、不規則な生活により元々弱い体にダメージを与え1989年、左足が突然動かなくなった。その時に中国人の漢方の医師に出会いボロボロの身体を治している うちに東洋の医学、気、心と臓器との関係に興味を持ち学びだす。

クリスタルヒーリング、レイキ、オーラヒーリング、チャクラバランスなどのテクニックを取り入れながら指圧マッサージ師としてヒーリングの世界に 入っていく。その後、東洋と西洋の医学を統合したキネシオロジーに出会い、感情と筋肉、臓器、エネルギーの関係を明確に出来るこの素晴らしいテクニックに 深く関わっていく。1994年に開業以来、独自のヒーリング法BMSも開発しセッションと講習を続ける。

☆沙羅のインタビューの模様は、オパールブリスのホームページ「話題のコーナー」にあります。