ボディ・メインテナンス・システム(BMS)

ボディ・メインテナンス・システム(BMS: Body Maintenance System)はその言葉通りの意味で身体をより良い状態に保つための自然治療のシステムです。肩が凝った、腰が痛いと悲鳴をあげている身体を癒すために指圧に、心の痛み、苦しみから解放されるためにカウンセラーに、顔の若さを保つために ビューティシャンにと、別々に通わなくてもよかったら?

そんな願いをかなえるのはBMSです。
BMSは筋肉のコリをほぐし、精神的な問題を解放することをヘル プし、顔からストレスとシワを取り、内面と外見の両方から、一回目のセッションで十分に体感することができます。

どうして、そんなことが可能なのでしょうか?

「痛みなく筋肉がほぐれ、話しせずとも心がスッキリして、薬品を使わなくても細胞が若返るマッサージセラピー」そして 「BMSの プラクティショナー自身、力を入れず、心地よい気持ちでできるヒーリングテクニック」ということで研究模索した結果です。

セッション後は「筋肉と臓器と感情」のバランスがとれて気持ちや身体が軽く感じます。クライアントはセッション後に改めてどんなに重いエネルギーを 身体に溜め込んでいたかを体感できるでしょう。
BMSのセッション後は気持ちや身体が軽くなるだけではなく、 身体の各部位、特に顔が1回のセッションで変わることが特徴です。精神世界を求めても、魂の乗り物である身体のバランスが悪かったら目的地にはなかなかた どり着きません。

自信を持ってお勧めできる、今の時代に必要とされる新しいヒーリーングテクニックです。

怒りは肝臓や胆嚢に、不安や恐怖は腎臓や膀胱に少しずつ溜まっていきます。それらのネガティヴなエネルギーは各臓器のバランスを悪くして肉体的な症 状、あるいは精神的な症状として現れます。*BMSではその原因の根本的な部分に細胞の記憶が遡り、そこでセッションをします。
「神経性胃炎」は精神的なストレスから生じている病気と世間一般人にも認識されています。日本のコマーシャルには「胃薬」が多い。嫌なことも無理や り詰め込んで消化して頑張っている社会人は精神的な消化不良、精神的胃酸過多になってしまいます。ストレスの原因になっている上司や義理母を変えることは 出来ませんが、彼らの言動を「ストレスと受け止める自分」を「ストレスと受け止めない自分」に変えていくことはできます。

*BMSではセッション時にアファメーションを使います。
肉体的/精神的な反応は脳からの指令で行われます。脳は私たちのバイオコンピュータです。過去のトラウマによりネガティヴなエネルギーを受け入れ る、あるいは溜め込んでしま うシステムをこのバイオコンピューターにインストールしてしまったからです。ある事柄や人物に対して拒否反応を示したり、自分の意志や思考に反した言動を 取ってしまうのはこのバイオコンピュータがそのように反応するように設定されているからです。

*BMSは精神的拒否反応を正常な状態にするのをヘルプします。
クライアントは心地よい瞑想状態に入り、フワフワと夢心地になっていきます。BMSのセッションは全身に独特の タッチ(エンジェルタッチ)をほどこし、身体の組織(臓器、筋肉、靭帯、骨、皮膚など)に直接的あるいは間接的な刺激を与えます。刺激に反応した身体に溜 まったネガティヴなエネルギーは身体の外に出て行きます。それはBMSプラクティショナーがBMSのテクニックを使っ てバイオコンピューター(脳)が正常に作動するように調整をしているからです。エネルギーの詰まっていたところにエネルギーが流れていきます。セッション 後は「筋肉と臓器と感情」のバランスがとれて気持ちや身体が軽く感じます。クライアントはセッション後に改めてどんなに重いエネルギーを身体に溜め込んで いたかを体感できるでしょう。約一時間から一時間半のBMSのセッション後は誰もがその効果を内面だけで体感するので はなく、顔や身体のシェイプの違いに表れることを見ることができるでしょう。

[ 良くある質問 ]

特に何もヒーリングのテクニックはレイキしか習っていないのですが、 とっても興味があります。講習を受けることは可能でしょうか?

ヒーリングのテクニックとしてレイキを習得しているのであれば十分 です。まず、他人を触れることに違和感がない、ということが第一条件です。そ して力はオニギリが握れるぐらいの握力があれば十分。後はエンジェルと一緒に気持ちよく人を癒すことを学ぶだけです。「学びたい!」という気持があれば受 講は可能です。

セッションではキネシオロジーのようにトラウマの原因を分析はしないの ですか?する必要はないのでしょうか?

BMSは私がキネシオロジストして実践を続けてきた中で生まれたも のです。たくさんの人は考えすぎが問題です。確かに原因を突き止めて「3歳の 時のお父さんとの関係がどうのこうの」と、いうのも良いのですが、そこですんなり「あっ、あの時のことね」と自覚がある人の場合はべつですが、そうでない と、セッションの間中「なんだったのかしら?3歳?あれかしら?、これかしら?」と頭の中でグルグルしている人も多く、それはリラックスして癒すというこ とからは少遠くなってしまうのです。

実際、覚えていないことを無理に本人に思い出させる必要もなく、身体の細胞のレベルでそのトラウマになった時に戻ればよいのです。そしてその過去の 記憶を取り除く作業をセッション中にするのです。

BMSで現在、どういう自分でありたいのか、ということでアファメーションを入れることは、「そうなれない自分の原因、元の年齢」にさかのぼってい るのです。そこでリラックスをするということはとても大きな効果が得られるということを発見したのです。

誤解のないように、キネシオロジーは素晴らしいテクニックです。原因を知ることで納得してから癒される人もいれば、とにかく心地よく癒されることを 望むかの違いです。
BMSでは「問題の原因も分かって、それについて何年もいろいろなワークをしているけど...」という人に大きな効果をあらわします。原因を取り除 こうと知的なエネルギーを使いすぎていて、身体の細胞にはワークしていないことが多いからです。
過去のことをグズグズ考えずに、前向きに進んで行こうよ!というのがBMSモットーです。