メンタルメンテナンス

レモネードダイエット

このレモネードダイエットは痩せることが目的ではありません。

ダイエット=痩せる、というイメージが強いですが、ダイエットというのは減量のためだけではなく、治療を目的としたという意味もあります。

このダイエットは身体の各臓器に溜まった毒を体外に出して臓器の機能を高めるのが目的です。日本ではデトックスという言葉が流行っていますね。まさにそれです。

Detoxification=解毒ですね。

食品添加物、煙草、アルコール、抗生物質、消炎鎮痛剤などの薬品、ホルモン剤等の薬品に育てられた動物の肉、白砂糖、その白砂糖がたっぷり入った炭酸飲料水、漂白された小麦粉を使った食品、スナック類、シャンプー、水道水、排気ガス等々…私たちの身体は昔と比べて「毒だらけ!」です。

身体の毒が取れれば各臓器の機能は正常に戻り、新陳代謝も良くなります。そして身体に溜めてある不必要な脂肪は燃焼されていきます。そのため、体調が悪くて太っていた人は副産物的に痩せるでしょう。

痩せていれば良いというものではありません。(痩せていても内臓脂肪があれば問題です)

ちょっとぐらい、ぽっちゃりなら問題ないけど、例えば、靴を履くときにかがむとお腹の肉がつかえるとか、起き上がるのが面倒くさいから寝転んだまま何かをしてしまうとか、歩くのが面倒に感じるとか、余分な脂肪のために行動が制限され、精神的にもレイジーになってきたら要注意です。

内臓に脂肪がつき過ぎたら、いつかその脂肪が死亡に変わります。腫瘍や癌などはいきなりは発症しません。毎日、少しずつ体を粗末に扱った結果なのです。私たちの体には自己免疫力がありますが、その体の主がケアーをしていなかったらいつかは機能は壊れます。

定期的に自動車をチェックして、大切に乗っている人の車とそうでない人の車の数十年後のコンディションの違いを考えればわかりますよね。

「もう、年だから…」 

でも、同じ年代でも元気な人はいます。年のせいではないですよ。30歳代で50歳のような人もいれば、その反対に年齢よりも若々しく生きている人もいます。

「ストレスが多いから…」

誰もが何かしらのストレスは持っています。ストレスが多い社会だからこそ、それに耐えられるような精神力、それは健康な体から生まれます。

「でも、疲れると甘いものが欲しくなるし、糖分って必要ですよね!チョコって体に良いって言いますよね?」

と、言う貴方、どうかインターネットで「白砂糖」を検索してください。怖いですよ~!

チョコレートの中のカカオには栄養があります。が、市場に出回っていて安くて簡単に手に入るチョコは白砂糖がたっぷり、カカオはちょっぴり、というのがほとんどでしょう。

どうしても甘いものが欲しいなら、蜂蜜とか黒砂糖を一口。でも、色をつけただけのうその黒砂糖には注意してくださいね。

レモネードダイエットで身体が正常になっていく過程で過度な糖分、塩分の欲求も納まっていくはずです。

それから「低カロリー」という食品も。低カロリー食品に使われている甘味料の中にも体に危険な怖いものがあります。

「低脂肪」の食品も脂肪分は低いが白砂糖はたっぷり、ということもあります。

「果汁入り!」がしっかりとみたら3%であとは甘味料とか…。

どうか、パッケージの文句にだまされないように、食品を買うときは裏のあるいは横の成分をしっかりと見る癖をつけましょう。

レモネードの作り方

*1.5リットルの水 (水道水よりは浄化したものを)

*レモン 2~3個

*メイプルシロップ(砂糖など混じりけが無く純粋なもの) 大さじ 6~8杯

*レッドチリペッパー(赤唐辛子粉) 小さじ1/2~1杯

上記のものをミックスしてそれをダイエット中(絶食中)に飲み続けます。

レモンやメイプルシロップ、チリの配分は好みで少し変えてもOKです。ただ、メイプルシロップは減らすのは良いけど、増やさないで下さい。レモン水は肝臓、腎臓を綺麗にします。メイプルシロップには豊富なビタミン、ソディウム、ポタシュウム、カルシアム、マグネシウム、マンガン、鉄、コッパ-、クロライン、シリコン等が身体に必要なものは入っているので栄養失調にはなりません。

【ダイエット中は病気ではない】

ので寝ている必要はありませんが、身体の中に毒が多い人は軽い頭痛、下痢などの不快な症状が出るかもしれません。が、ひたすら飲むことです。

そして、身体の外へ毒を押し流しましょう。軽いストレッチはお勧めです。自分でマッサージが出来るところは押したり、揉んだりしてみてください。

【空腹に耐えられなくなったら】

暖かいハーヴティーやレモネードを飲んでください。レモネードは暖かくしても飲めます。普通の人は2日目が空腹を感じて辛いみたいですが、それは自分と自分の胃との戦いですよね。それが過ぎると頭はすっきり、身体は軽くなるのがわかるはずです。

【どうしても何かを食べたければ】

効果は半減しますが、キャベツを芯が柔らかくなるまで「水で炒め」たものを食べて下さい。味付けには一つまみの塩(できれば食卓塩ではなくあら塩など自然の塩を使ってください)あるいはリンゴ、バナナなどのフルーツを1種類だけ。ビスケットとか小麦粉製品は例え1枚でも良くないです。効果を期待するなら最低は3日間は行なうのが望ましいでしょう。

【ダイエットの後が問題です】

思いっきり今まで通りに食べたら胃がショックを起こします。いきなり芋のようなでんぷん質の多いものとか肉などは避けてください。少しずつ、身体に良いものを考えて食べてください。消化の良いもの、野菜がたっぷりのスープとかがお勧めです。

ダイエットは身体の大掃除です。それに伴ない身体に溜めた毒、感情の毒が出てきます。カフェインや頭痛薬など薬を取っていた人はダイエット中に頭が痛くなったりします。下痢や口臭が出たり、イライラしたり、感情的になったりと人によっていろいろです。

私自身は5日間したことがあります。食欲のあまりない夏だったので簡単でした。2日目は空腹を感じましたが、そんなに苦しくなく、ひたすら暖めたレモネードを飲んでいました。力仕事とかはあまりしたくなかったけど、頭はいつもよりクリアーな感じで4,5日目はストレッチをすると体の筋肉のひとつひとつが感じられるような、体との一体感がありました。

お勤めの方や初心の方は週に1日からスタートして、徐々に2日、2日半とか、定期的にすると体のお掃除が出来き、肥大した胃、疲れた胃も正常になってきます。

春夏がお勧めの季節です。

初めてダイエットをする方は必ずプロの指導のもとで行ってください。

そして、持病のある方は主治医のアドバイスに従ってください。

レモネードダイエットの質問や感想など、コメントにお願いします。コメントは匿名OKです。